中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

また怒られたよ。

そもそも「学校制度」自体が合っていない?

 

学校に行ってきた。

 

矢継ぎ早に「生活態度」について話し出す先生。

 

奴はどうやら授業中、一切ノートを取っていないらしい。

「彼は授業中、路線図を書いています。」と言われた。

 

理由を聞くと「ノートがない。」そうだ。

 

その後も先生の話は続く。

 

「彼は筆記用具も持ってきていません。」

 

その場で確認してみると、何と筆箱は2個あった!!

 

中から出てきたのは、部品の足りないシャーペン1本と、

誰のかわからないシャーペンと鉛筆1本ずつ。

誰かに借りたらしいけど、覚えていない。

他には何一つ入っていなかった。

 

消しゴムって知ってる?

 

今まで私は先生にも不満があったが、ノートも筆記用具も持ってこない生徒を見て、「こいつに勉強を教えてやろう!」なんて気は起きないよな・・・・と思った。

 

先生、すいませんでした・・・

 

「ノートを取らない。」と言われた時息子は、すぐさまタブレットで黒板の写真撮っていい?」と言い放った。→わたしも、もうそれでいいじゃん・・・何もないよりマシだし・・・頭いい!と思った・・・

 

写真撮影は即、却下された。

 

まあ、そうだろう。

 

みんながノートに書いている中、1人だけそれを許すわけにはいかない。

 

こう言っちゃなんだが先生、

「息子が釘付けになるようなおもしろい授業やってくれんかのう・・・」と思う。(遠い目で・・・・)

目の前の子どもたちが「わくわく」する授業。

一体、どこに行けばそんな授業が受けられるんだろう?

今、「わくわくする授業」で思いつくのは「探究学舎」に「知窓学舎」で、「塾」だ。

 

 

昔、どこかの講演会で栄光学園の井本先生が「目の前の生徒をプルプルさせたい。」とおっしゃっていた。

先生と言われる方々がみんな、こんな気持ちで授業してくれたら・・・きっと誰もが勉強好きになるんだろうけど・・・・そんな事は無理だな・・・・

少しずつでいいから、これから教育現場も

「子どもたちのワクワク」を重視した授業に変わって行って欲しいな・・・

 

 

 

 ↓ 「ほとんど神様じゃないか?」と思う井本先生。

いま、ここで輝く。 ~超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡の教室

いま、ここで輝く。 ~超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡の教室

 

 井本先生は素晴らしいが、とても「誰もがマネ」はできないぞ・・・

人ってこんなにあったかいんだ・・・と思う。

 

 

 

 

学校では他にも数々の息子の嘘が明かされた。

 

私はまた騙されていたのだ・・・・

 

 

先生も「成績よりも何よりも、人のせいにしたり、言い訳したり、やっちゃいけない事を平気でしたり、そっちの方が気になります。」とおっしゃった。

 

「やっちゃいけない事」の定義は私とはかなり違うが、おっしゃる通り。

 

そうだね・・・勉強だって一切期待できないね・・・

 

他の生徒の保護者からも「机が汚い」などとクレームが入っているらしい。

 

「私立」でクレーム入れられたら終わりだよね・・・・

 

 

 

最近塾の先生に言われた言葉

「彼は学校制度自体が合っていない。」

「教室の中で勉強するなんて無理ですよ。」との事。

 

 

うん、うん、なるほど。

 

そうですね・・・としか言いようがない。

 

ただ、本人が楽しく通っている以上は、自分で決めればいい。

 

それでも私の中ではもう「こいつには山村留学しかない!」と思っている。→しかし父親が「山村留学」に反対している。何で?意味がわからない。

 

「普通」といわれる子の子育てでも大変なのに、「普通じゃない子?」の子育てって、一体どうしたらいいのか?

 

困ったな・・・・

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com