中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「変わり者」の息子の日常と、小さい頃やっておいてよかったこと。「釣り好き」「電車好き」で1人でどこへでも行ってしまいます。😅勉強は全くせず、まるで「小学校低学年男子」のような日々を送っています。☀️

息子にストレスはない?は間違い。

息子の「いちばんのストレス」が母親だった件。

 

今、猛烈に私の「山村留学」への熱が盛り上がっている。

 

講演会に行くたびに「絶対これがいい!」と確信した。

昨日の船橋さんも「越境の大切さ」を説かれていた。

いろんな場所に行って、いろんな人に出会い、いろんな文化を知り、いろんな経験を積む。

これからは経験量がものを言う。

 

 

息子には「これしかない!!」と思っていて、説得を試みた。

 

反応は、本気で嫌がっていた。

 

 

まず、里親に預けられて「気を遣いながら生活する」というのが嫌だそうだ。→「じゃあ、寮生活出来る場所探すか?」と思った。

 

「ええっ、あんたなら大丈夫でしょ?」と思った。

 

1週間くらいならいいけど、「1年はムリ!」だそうだ。

 

 

 

そして「釣り三昧の生活がおくれる」と告げてみたが、

 

「俺は釣りだけがやりたい訳じゃない!」と言い放った。

 

「ええっ、そうなの?」

「隙あらば釣り行くじゃないよ!」と思った。

 

 

 

「絶対いい経験になるから!」とも言ってみたが

 

「そうかもしれないけど、おれは今の学校がいいの!

それに田舎に行ったら電車の写真撮れないじゃん。」と言った。

 

「ええっ、電車もそんなに大事だったんだ・・・」

 

親子で考えている事が全然違っていた。

 

 

ただし、もし学校をクビになって、近所の公立に行くくらいなら「山村留学」に行くそうだ。

さて、どうなるのだろうか・・・

 

 

いつも周りから言われるのが「お母さんが構いすぎ」という事。

とにかく「離れた方がお互いのため」だそうだ。

私もそう思う。

息子のの人生は息子のもの。

自分で決めて、自分で責任とって生きて行かないと。

 

う~ん、私がどこかへ行こうかな・・・

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com