中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「変わり者」の息子の日常と、小さい頃やっておいてよかったこと。「釣り好き」「電車好き」で1人でどこへでも行ってしまいます。😅勉強は全くせず、まるで「小学校低学年男子」のような日々を送っています。☀️

学校に行って思う事。

小学校から7年、いや幼稚園を合わせると早10年。

 

やたら多い、学校行事。

 

それ以外にも「呼び出し」で出向く事も多い。

 

思えばそれは「幼稚園」のころから始まっている。

 

ずっと「申し訳ありません。」と言い続けている。

 

こんなに先生や、他の保護者に怒られてる人っているんだろうか?

 

私は悪いことしてないのにな・・・

 

今の学校に残れればあと5年ちょっとは怒られ続けるのだろう。

 

そりゃ息子は見ていて面白いさ、他人なら

 

みんなが家で息子の話をするらしい。

 

でも、親は大変だから・・・・

 

 

↓ 息子の思春期の悩みに直面するんだろうか?

だれもが直面することだけど人には言えない中学生の悩みごと

だれもが直面することだけど人には言えない中学生の悩みごと

  • 作者:高濱正伸,大塚剛史
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

学校で息子の様子を見た方に「メチャクチャ楽しそうだった」と言われた。

成績も振るわず、こんなに怒られ続けているのに、息子は学校を楽しんでいる。

 

「輪ゴムバトル」「腕相撲」「ペットボトル水鉄砲」

 

小学生かよ!!と思わずツッコミたくなるような遊びをしている、中1男子。

 

 

 ↓ 「花まる卒業生」に配られる高濱先生の本。

13歳のキミへ

13歳のキミへ

  • 作者:高濱正伸
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2011/02/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

いつか、いろいろな事に自分で気が付いて欲しい。 

 

 

 

ある時、警察から電話が掛かってきて

「あいつ、とうとう何かやりやがったか・・」とドキドキしたら、落し物のお知らせだった。

警察からの電話はかなりビビる。

息子が、本格的な犯罪をするとは思はないが、

「あいつ、ふざけ過ぎて何か壊したのか?」と一瞬頭をよぎる。

「警察」と聞いて瞬時に息子を何かの「被害者」だとは思わない所がミソだ。

 

私の脳は「何かやりやがったな~」と反応した。

それもこれも長年の経験から「そういうふう」になっている。

 

 

先月、学校に行った時もお詫び用の「菓子折」持参だった。

 

それを見ていたクラスメイトのママが「毎回、お菓子持ってきてない?」と言って笑っていた。

人が集まる機会では、何かしら謝っている。

恐らくあと5年はいろんな人に怒られるだろうが、もっと先まで続くと嫌だな・・・

 

学校からの電話も「番号が表示」された瞬間に、必ず「出るかどうか」を迷う

できればそのまま無視したいくらいだが、もっと面倒な事になると嫌なので仕方なく出る。

 

こういう事もあるからこそ「本気の山村留学希望」なのだ。

あーあー、誰か代わりに怒られてくれないかな・・・

 

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com