中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかったこと。親子とも失敗多め。(笑)「小学校低学年男子」のような毎日。

今の世の中、学歴じゃない?多分、そうだろう。

固定概念から抜け出せない自分・・・

 

息子は「変わり者」だ。

 

どこに行っても怒られ「こんな子は見たことがない。」と言われる。

 

「友だち」はたくさんいる。

 

どんな場所でも、誰かといる時も、1人でも楽しく過ごせる。

 

勉強はしない。

 

最近は「勉強しないなら、どうやって稼ぐかを考えな。」と言っている。

 

最終的に「メシが食える大人」にさえなれればいいのだから。

 

 

 

 ↓ 愛読書。

「ズバ抜けた問題児」の伸ばし方 ― ADHDタイプ脳のすごさを引き出す勉強法 ( )

「ズバ抜けた問題児」の伸ばし方 ― ADHDタイプ脳のすごさを引き出す勉強法 ( )

 

 

 

 

先日、あるお医者さんと話したのだが、私が「息子を山村留学に出したいんですよ。」と言うと「ええっ!!本気ですか?」と怪訝そうに言われた。

 

「いや、うちの息子はメチャクチャ変わってるので、そんな変わった子に普通の教育受けさせても意味がないと思って・・・

勉強も嫌いそうだし、それなら大自然の中で、よそのお家で育ててもらった方がいいんじゃないかと思って。」と言うと、

 

そのお医者さんは「なるほどね~、私が必死で勉強している頃、IT業界の人たちがどんどん学校辞めて起業していくのを見て、うわっと思いましたもんね・・・そういう手があったか!!って。

やられた・・・と思いましたよ。」とおっしゃった。

 

 

gendai.ismedia.jp

 

 

講演会に行くと、「花まる学習会」の高濱先生が「これからの時代は学歴なんか関係ない。」とおっしゃっている。

「今、成功している人たちはやりたい事がみつかったら、学校なんかやめて、エイヤーと飛び出して会社を興したした人たちですよ。」ともおっしゃっていた。

→「それをね~、お母さんが、学校くらい卒業しないと・・・って言うんですよ~」ともおっしゃっていた。

 

でも、高濱先生東大じゃないですか・・・「高濱ナイト」にゲストでみえる方々も全員誰もが知っている学校を卒業されてるじゃないですか・・・

親として、我が子をそっちの道に進めたいと願うのもちょっと許して欲しいな・・・

本当は「これからは学歴じゃない」とは気が付いているけど、なかなか受け入れ難い・・・

でもまあ、そもそも勉強しないんだから学歴もくそもないのだが・・・

 

 

親が何と言おうと、全ては息子本人が「自分で決めること」だ。

息子には「起業」しか道はないので、あとは何をするかだろう。

 

 

先日、「アナザースカイ」で前田裕二さんを見てから、前田さんが出ている「You Tube」を漁ってみた。

いっぱい「いい話」が聞けた。

その中で「最初起業した時、儲かりそうだと思ったものから始めたけど、そうじゃなくて自分は何をやりたいか?で突き詰めて、今の会社を始めた。」とおっしゃっていた。

高濱先生も「自分は子どもが好きで教育を選んだ。自分の好きな事をしてきたので一切の後悔がない。」と言い切られた。

人生を悔いなく過ごすためには「自分の好きなこと」を選んで行くしかないのだろう。

好きな事しか続かない。

 

 

 ↓ 早速買ってみたが、まだ読んでいない・・・読む本が溜まっている・・・

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

 

 久しぶりに好きな有名人に出会えた。カッコいい!「おまかせ録画」に「前田裕二」と登録しておいた。人柄の素晴らしさがあの笑顔に溢れている。こんな息子に育てたい。

 

 

www.suika.tokyo

 

 

 

さて、息子はどんな「好きなこと」を見つけて、選んで行くのだろう。

そこは楽しみにしている。

発想が「普通じゃない」ので何かやってくれるかもしれない。

そして私は残りの人生何をする?

人の役に立ちたいし、お金も稼ぎたい。

やりたい事はたくさんある。

でも今、元気がない・・・

とりあえず体調を整えたい・・・

何とか心を保たないと。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com