中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「変わり者」の息子の日常と、小さい頃やっておいてよかったこと。「釣り好き」「電車好き」で1人でどこへでも行ってしまいます。😅勉強は全くせず、まるで「小学校低学年男子」のような日々を送っています。☀️

学校が始まった。「負」の感情からのスタートだと、許せるのはせいぜい1個。

1年前の「埼玉受験」から始まった。

 

現在「中1」の息子は、1年前みんなと同じように「埼玉受験」に臨んだ。

 

「塾」の先生に午前、午後入試の練習をするように言われていたので、埼玉で「1日中入試」という日々を送った。

 

その時、私は腰を痛めた。

寒い上に、同じ姿勢でじっとしていて痛みが出た。

しかし、受験中、自分の体の事なんて構っている場合ではない。

 

そうこうしているうちに1年が経った。

今、痛すぎて家の中の移動すらキツくなっている。

病院や整骨院やその他6軒以上回ったが悪くなる一方だ・・・

 

枕元に「痛みどめ」の薬を置いておき、目が覚めたらまず飲む。

そこから30分以上マッサージをしてやっと立てるかも?という酷い状態だ。

 

それでもがんばって立ち上がり、お弁当を作る。

リビングに行ってみると、床一面に「書き初め」の跡。

昨日の脱いだ服、食べたお菓子、やりかけの宿題が散乱している。

冬の寒くてまだ薄暗い中、怒りがこみ上げる。

 

「何だよこれ!!」

 

こんなつらい思いをして、何でこんな奴の「お弁当」を作らなきゃならないだよ・・・

痛みと悔しさで涙がが出てくる。

 

私が「やっときなよ。」と言った事が、何一つできていない。

 

お弁当を作り、奴が起きてきた。

 

「何だよこれ!!」

 

息子が1つ、1つ片付けだした。

 

「これもやっとけって言ったよね。」

 

「いや、聞いてないし!」と反論する息子。

 

その言葉にイライラがマックスに。

 

「聞いてないってそんな訳ないだろ。お前は「後で」って言っただろ!お前には「後で」なんかないからすぐやれ!!って言ったよね。」

 

「そんな事言われてない。」と言い張る息子。

 

許せない!!

息子には「後でやる」なんてことは絶対ない。

「聞いてない。」とまで言い張る。

そもそも言われなくてやらなきゃいけない事だ。

 

体調が良くても、ムカついただろうが、こっちは痛みをこらえながらお前の弁当作ってんだよ!!と思ったら情けなくて涙が出た。

 

 

 

「ズバ抜けた問題児」の伸ばし方 ― ADHDタイプ脳のすごさを引き出す勉強法 ( )

「ズバ抜けた問題児」の伸ばし方 ― ADHDタイプ脳のすごさを引き出す勉強法 ( )

 

 

 

 

「息子のようなタイプ」に「後でやる」なんて事は絶対できない!!

今まで、いろんな事を「後まわし」にしたお陰で、提出物も出せず、物も失くし、怒られ続けてるのに、まだ「すぐ」やらないのか!!

 

私はいつまで耐えられるだろうか・・・

そろそろ痛すぎて歩けなくなってきている。

困ったな・・・

ただ私が「痛い、痛い」と言うと、いろいろな家事をしてくれる、やさしいところもある。←文句言いながらだけど・・・

 

子育てはツライ。

何一つ、思い通りにはいかない。

その上、思うように体が動かないと、もっとツライ。

何とか痛みを取らないと。

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com