中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「変わり者」の息子の日常と、小さい頃やっておいてよかったこと。「釣り好き」「電車好き」で1人でどこへでも行ってしまいます。😅勉強は全くせず、まるで「小学校低学年男子」のような日々を送っています。☀️

「哲学の時間」。母の自問自答。

母に「課題」が与えられた。

 

世間で散々言われる「自己肯定感。」

 

子どもって自信に満ち溢れている。

 

男子の「根拠のない自信」には笑ってしまう。

 

いつから「自信」は失われていくのか?

 

 

 

kodomo-manabi-labo.net

 

 

 

今、私の体調不良の原因として「ストレス」が挙げられている。

 

「課題」が与えられ、自分にとって「何がストレスとなっているのか」を、

言語化しなければならない

 

 

 

周りの方々のお陰で気付けた「自信のなさ」。

 

この「マイナス思考」からの脱却はなかなか難問だ。

 

常に「私なんて・・・」という気持ちに囚われ、

「私、弱いから誰か助けて・・・」と誰かを頼ろうとする。

 

自分を一言で表すと「他力本願」。

 

弱いので、同調圧力にも簡単に屈する

 

 

 

↓  全ての子どもの土台となる「家」。

あと伸びする子はこんな家で育つ

あと伸びする子はこんな家で育つ

  • 作者:高濱 正伸,相澤 樹
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2018/08/11
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

 

情に流され「おかしい?」と思いながらも、整骨院の「高額回数券」を買わされたりもする。

ただ、「騙された!」と気が付いた時には、「何としても取り返しに行く」気の強さもある。

多分、自分はこのイメージで見られている事が多いと思う。

この人には「何をしても」、「何を言っても大丈夫」だと思われがち。

本当は、人の言葉に深く傷付き、しばらく蹲るくらい弱かったりする。

ここで気をつけなければならないのは、粗末な扱いを受け続けていると

「自分はこんな扱いを受けても当然の人間なんだ。」と思い込んでしまう事。

 

こういう繰り返しで「自己肯定感」は下がっていく。

 

 

 

 

 ↓  共働きだって大丈夫。

働くお母さんの子どもを伸ばす育て方

働くお母さんの子どもを伸ばす育て方

  • 作者:高濱正伸
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2015/07/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

そして自分は人に対して、ちゃんと出来てるか?も考える。

「被害者意識」ばかりが強いが、自分はどうなの?

人を傷つけていない?

間違いなく我が子に対しては「傷付けている。」と言えるだろう。

 

 

 

メシが食える大人になる! よのなかルールブック

メシが食える大人になる! よのなかルールブック

 

 

 

 

 

 今まで「あの人が言うならそうかもしれない。」と人の意見に振り回され続けて来た。

いろんな人の話を聞きすぎた・・・

 

 

こうして振り回されるのも

「自分に軸がない」から「自分で決められない」のだろう。

 

 

高濱先生と、乙武さんの対談で「日本人は信号を守るでしょ。」と言う話が出ていた。

要するに「自分で決められない。」という例え。

見通しが良く車も来ない「赤信号」

頑なに守る日本人。

私はどうか?

誰もいないと渡るが、同調圧力に弱いので、人の目があると守る・・・

 

 

 

 

↓  子どもにどう接すればいいのか?

こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て

こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て

  • 作者:井岡由実
  • 出版社/メーカー: 実務教育出版
  • 発売日: 2018/09/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

言語化していくと、どんどん自分が見えてくる。

「人に対する期待が大きすぎる」から、ストレスも多い。

 

先日、電車の中で、若い両親と小さい子ども2人の4人組が乗って来た。

私が1つ席を譲れば全員が座れる。

未だに痛くて辛い腰を上げ、移動した。

「感謝されるだろう」と期待して。

でも、その家族は「当然の事」として、普通にそこに座った。

そこには「チッ」と思う、ちっちゃな自分がいる。

 

 

この私の「人に対する期待の大きさ」で、

見事に煽りを受けているのは「我が息子」だろう。

 

 

彼は毎日「何で!」と怒鳴られて来た。

 

息子には「人と自分は違うんだから」と言い続けているのに、

息子が「私」の考えから外れると途端に怒り出す

 

 

 

↓  息子が小3の時から「自分への戒め」として貼られている。

f:id:mikan-iro:20200128121318p:plain


 「できなくて当たり前」の文字。

 

 

 

 

いつも「高濱ナイト」に登場する、今、活躍されている「スーパーマン」たち。

彼ら、彼女たちはこぞってお母さん」が温かかった

ホリエモンだけ例外だったが)

息子はいつも「社長タイプ」だと言われる。

いかに「人と違うか?」を競う世の中で、

「これからの時代に生き残るタイプ」だそうだ。

 

 

でも、今まで見て来た「成功者」たちのお母さんって、私と全然違うよね?

あの人たちだって相当変わっていたはずなのに、お母さんたちは黙って見守っていたよね?

 

私が育てたんじゃこの「大きな可能性を秘めた息子」を潰してしまうかもしれない・・・

 

 

 

「成功者の人たちのお母さんって、みんな温かく見守るタイプだけど、私は全然違うじゃないですか?

そこがずっと引っかかるんですよね〜。」

と言った時、大爆笑した先生がいた。

ほら、みんなそう思っている・・・あらあら。

 

 

 

 

 

 

 

ここに来て「自問自答」せざるを得ない状況。

自分は何が好きで、何がやりたくて、何が嫌で、これからどうしたいか?

こんな「自分事」に関係ない方々を巻き込んで申し訳ない。

温かく見守って頂けると助かります。

 

 

 

↓  中学受験編。

www.mikan-iroblog.com