中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

魚、多すぎだよね?食べ切れないよね?誰が捌くのかね?

とうとう我慢できずに「釣り」に行った。

 

 

 

まず、

 

「どうしても釣りに行きたい!」と騒いでいた。

 

 

何やらゴソゴソしていると思ったら、

自分で「釣り船」を予約していた

 

 

 

「誰と行くの?」

 

 

「ええ?1人だよ。」

 

 

 

そうか・・・どうしても「釣り」に行きたいんだな。

 

 

そしていつものように私は「おにぎり2個」を持たせて見送った。

 

 

 

 

夕方になり息子が帰ってきた。

 

 

興奮気味に「お母さん見て、見て!」と叫んでおる。😧

 

 

クーラーボックスを開けると大量の魚。

 

 

 

もう既に「嫌な予感」はしていた。

(これどうするよ・・・・😅)

 

 

f:id:mikan-iro:20200212212431j:plain

 

 

大喜びででずっと話しが止まらない息子。

 

 

中学生が1人で「釣り」に来て、船長さんがビックリしていたらしい。

 

 

今まで、そんな子はいなかったそうだ。

 

 

「俺、子ども1人で来てるから、船長さんメッチャ親切にしてくれたよ。

キスももらったし、道具も貸してくれたし、ずっと気にかけてくれたんだよ。」と言っていた。

 

実は奴はそれも計算していた。

 

 

「みんな親子できてるのに、

子ども1人だから絶対優しくしてもらえるよ。」と言って出発していたのだ。

 

 

よその「知らないお父さんたち」にも優しくしてもらったそうだ。

 

 

 

 

息子はは昔から「知らないおじさん」たちにかわいがられる。←「危ないから付いていくなよ」とは言ってある。

 

公園の池でも、近所の川でも「みんなには内緒の魚がよく釣れるとっておきのエサ」を教えてもらったり、釣った魚をもらったりして帰ってくる。

 

 

恐らく、何時間も1人で「釣り」をしている子どもが珍しいのだろう。😀

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200212213238j:plain

 

 

できる事なら私は「魚」を触りたくない・・・

 

 

手に臭いが付くのが嫌だ。

 

 

しかもあの「大量の魚」。

 

 

考えただけでうんざりだ。😫

 

 

「釣ってきた魚は全部自分で処理するって約束だよね。お母さんは知らないよ。」と言って放置した。

 

 

数時間後見てみると、かなりてこずっているいる様子。

 

 

仕方なく「アジ」を1匹だけ捌いて「塩焼き」にしてやった。

 

 

f:id:mikan-iro:20200212213655j:plain

 


息子がそれを食べている間に、残り10匹となっていた「アジ」はおろしておいた。

 

 

「手、くっさ〜」

 

 

だから嫌なんだよ・・・柑橘類がなかったので、仕方なく「酢」で手をこすって洗った。

 

 

魚の臭いよりはまだ「酢」の臭いの方がマシだ。

 

 

それにしてもうちの「包丁」が全く切れない!

 

 

これは無理!!ケガする!!と思い、Amazonで「包丁セット」を購入。

 

 

 

 

 ↓ これを買った。

 うちの包丁とは雲泥の差だった。✨

 

 

 

 

 

「キス」は翌日に持ち越した。

 

既に真夜中近くになっていた・・・・

 

 

もう〜魚、捕りすぎなんじゃあーーーーー。🔥

 

 

 

↓ これも買った。バッグとベルトが付いていてお得。🉐

 

 

↓ 中学受験編。

www.mikan-iroblog.com