中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「変わり者」の息子の日常と、小さい頃やっておいてよかったこと。「釣り好き」「電車好き」で1人でどこへでも行ってしまいます。😅勉強は全くせず、まるで「小学校低学年男子」のような日々を送っています。☀️

かわりばえしない毎日なので。

「危険な虫」のお話。

 

 

外に出られないので

大した事件も起こらない。😅

 

SNS「毛虫の写真」を見かけて思い出した。💡

 

 

あれは小4の頃・・・🗓

 

当時から「輪ゴム鉄砲」は流行っていた。

中学生になった今も、

ポケットから山盛りの輪ゴムが登場する。

まだ「輪ゴムバトル」は続いている。⚔️

 

中学校では「購買部」で

箱ごと輪ゴムを購入する「ツワモノ」も出てきた。

さすが中学生❗️

小学生にその資金力はない。💰

 

 

 

↓ ある日の制服ズボンのポケットの中身。

f:id:mikan-iro:20200511154445j:plain

 

 

 

街中にも「危険生物」はひそんでいる。

 

「ツバキ」という植物があるが

そこに「毛虫」がいたら要注意だ。☝️

 

 

 

↓ こういう奴。

f:id:mikan-iro:20200512000607j:plain

強風のとき、風下にいるだけでもやられる。 

 

 

 

ある日、学校から帰宅した息子の

体半分に発疹が・・・

 

 

「何それっ?」😱

 

 

水疱瘡か何か?」「溶連菌?」

「何だろう?」と思って

慌てて病院に向かった。🏥

 

 

他の人にうつさないよう

はなれた場所で待機し、

診察室へ。

 

息子をひと目見た先生が

「ああ、これは虫にやられてますね。」🐛

 

「何か虫に触った?」

 

 

「あっ、さっき毛虫を輪ゴムで撃った!」

 

 

「ああ、それですね。」

 

あっさり原因が分かった。

それにしてもお医者さんはさすがだ。✨

一目見ただけで皮膚炎の原因が「虫」だと見ぬいた。

 

 

もう〜

余計なことするなよ・・・💦

 

 

息子が輪ゴムで攻撃したのは

チャドクガという毒虫なのだが、

学校の帰り道

その「毛虫」に向かって

輪ゴムを数発撃ち込んだらしい。

 

その毛虫の細かい毛針が飛び散って

体に刺さったようだ。

 

この虫の厄介なところは

風に飛ばされてきた細い毛に

触れただけでも「皮膚炎」を起こしてしまう。

 

そんな奴に向かって

輪ゴム攻撃とは・・・😩

 

  

Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎

Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎

 

 

 

 

そのあと、「塾」に行ったら

もう1人「包帯グルグル巻きの奴がいた。

息子の友人だ。

どうやら息子と一緒に「輪ゴム攻撃」をしていたらしく、

もっと「ヒドイ目」にあっていた。😅

 

ああ、男子って何てバカなんだろう・・・

 

 

 

www.mikan-iroblog.com