中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

もしも子どもが「生き餌」を必要とする生き物を飼ったら。☝️

ダンゴムシ」の効果的な集め方。

 

 

今日は雨が降っている。☔️

 

雨上がりは「ダンゴムシ捕獲」の大チャンス‼️ 

 

 

ハケで落として木の上の「ダンゴムシ」を一網打尽に。✨

 

 

f:id:mikan-iro:20200516103536p:plain

 

ちょうど今くらいの季節に、

池には「おたまじゃくし」がたくさんいる。

 

そんなものを大量に見つけた小学生男子が

そのまま見すごすなんて事はできない。☝️

 

調子に乗って大量に持ち帰ってきた。

 

f:id:mikan-iro:20200516105744j:plain

 

真っ黒な「おたまじゃくし」は

ヒキガエルの子どもたち。

 

 

ヒキガエルには毒があるので、

おたまじゃくしを何かのエサにすると

毒にやられて全滅してしまうので要注意。☝️

 

 

 

 ↓ 大きめのリュックに入り便利。

コンパクト水陸両用網

コンパクト水陸両用網

  • 発売日: 2015/06/22
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

 

おたまじゃくしを飼うのは簡単だ。

雑食なので100均の金魚のエサだろうが

何でも食べる。

 

しかし時はすぎ、

あっという間に「カエル」に成長する。

 

 

カエルは「動くもの」しか食べない。💦

「カエルのため」に毎回「コオロギ」を

買うわけにはいかない‼️

もったいない‼️

 

 

 

 

 ↓ 小さく折りたためるので「サマースクール」に行くときにも使える。

 

 

ヒキガエル」のエサは買いたくない‼️

そこで公園に行き

ひたすら「ダンゴムシ」を集めた。

わりばしとビニール袋で事足りる。

 

木の根元の日陰部分のジメジメしたところを

少し掘れば大量に出てくる。

それでも1回につき50匹くらいを捕り続けていたら

ダンゴムシ」が見当たらなくなってきた・・・・😅

 

そんなある日、

雨が上がったので

いつものように「ダンゴムシ捕獲」に出かけた。

 

木の根元は雨でグショグショで

ダンゴムシ」はいそうにない。

 

ところが上を見上げると

木の枝にびっしりの「ダンゴムシ」が。✨

雨の後にミミズが土から出てきて

道路をはっている姿をよく見かけるが、

雨が降ると地中の生き物たちは息ができなくなり

外に出てくるのだ。🐛

 

 

 

↓ 余った「釣りエサ」も食べる。

f:id:mikan-iro:20200516115517j:plain

 

 

 

 

「ああ、これだけ捕れれば

しばらくダンゴムシ捕獲から解放される。」‼️

小おどりしたい気分だ。😂

早速「ダンゴムシ」を木から

直接袋の中にパラパラ落として集めた。

 

雨上がりの「ダンゴムシ集め」の道具が変わった。

木の上にいるダンゴムシを集めるには

「わりばし」ではなく

ハケ」とビニール袋が最適だ。

 

 

 ↓ こういう大きめのもの。100均にもあるはず。

 

 

 

 

もし、お子さんが「カエル」などの

虫を食べる生き物を飼った時は

ぜひ、この「ダンゴムシ捕獲作戦」を利用してもらいたい。😄

 

 

↓ 「ダンゴムシ捕獲」に行く時間がない方は、「コオロギ」を購入して繁殖させる手もある。☝️

 コオロギも雑食なので、ペットの余ったエサと水を与えておけばいい。🦗

 

 

「今回の記事は、子どもが虫を食べる生き物を飼っていて

困ったお母さんたちへ」💦

 

 

 ↓ 「スクールFC」の生き物博士❗️川幡先生の本。

緻密な絵で「生き物たち」を紹介してくれている。「ええっ、そうなの?」ということも書いてあるので「生き物好き」のお子さまにオススメ。💗

カワハタ先生の動物の不思議 どこがおなじでどこがちがうの? (花まる学習会の本)
 

 

 

  ↓ 「チャドクガ」の幼虫もそろそろなので気をつけて。🐛

www.suika.tokyo

 

 

www.mikan-iroblog.com