中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

子どもの「やる気」は母のやり方1つ?

テレビで見かけた「松丸亮吾くん」。

 

 

先日テレビで見かけた「松丸亮吾くん」

 

今は既に亡くなられてしまったお母さんの

「勉強法」が紹介されていた。

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200706161025j:plain

 

 

お母さんは、 

松丸亮吾くんが「パズル」などに興味を持つのを見て、

100冊以上の「パズル本」を与えたそうだ。

 

 

「子どもの興味あるものを見抜き

才能を伸ばす。」

 

 

 

子どもの様子を見ながら、

「何に興味があるか❓」を観察し、

それに沿ったものを与える。☝️

 

 

 

 

 

 

東大生の松松くんだが、

意外にも「高校時代」の成績は悪く、

高2で最下位レベルだったそう。

(といっても麻布だけど・・・😅)

 

そこでお母さんは、

「弱点を克服するため」

塾で「間違えた問題」だけを切り取り、

ノートに貼ってオリジナルの復習ノートを作成。

 

 

「解けた問題ではなく、

できない問題を考えなさい。」

 

 

 

 

 

 

勉強にはルールがあって、

「3時間勉強したら(目標を決めておく)、

あとは何時間ゲームをしてもいい」というもの。

大学入試前は10時間

 

 

「勉強するための目標を設定し、

やる気を出させる。」

 

 

勉強には「楽しいもの」もあり、

「興味があるもの」は自分で勝手にやるが、

興味がないものは

多少のごほうびを与えないとやらない。

 

「好きなことはやってもいいけど、

その代わりやることは先にやりなさいよ」との方針。

 

朝まで「ゲーム」をしていたこともあるそうだ。

 

 

 

 ↓ カードを順番に並べて歴史を覚える。

タイムライン:出来事編 日本語版

タイムライン:出来事編 日本語版

  • 発売日: 2020/02/15
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

 

千鳥の大吾さんが

「わし東大行ったことないけど、

10時間も勉強してまで行くくらい

いいとこなん❓」

 

 

松松くんの答えは。

 

兄に勝ちたかった❗️

 

 

「DaiGo(兄のメンタリストDaiGoさん)が

落ちた東大にもし受かったら

DaiGoが見られなかった世界が見られるから

DaiGoに勝てる‼️」と考えたそうだ。

 

 

ライバルに兄がいて

成功するパターンだ。

 

 

松丸家のお母さんは、

子どもによって「違うアプローチ」をされていたらしい。

 

まず、子どもをよく見る。

何に興味があるか観察して、

そこを伸ばす❗️

 

というのが基本なんだろう。☝️

 

 

 

 

 

「興味がない勉強」には

多少の「ごほうび」が必要か・・・😩

「好きなこと」をやりたいばかりに、

先に「やらなければならない勉強」

「早く済ませること」に集中してしまう子はどうしたものか・・・💦

 

 

 

 

 

 

www.mikan-iroblog.com