中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

「小さい頃の話」。一人ぼっちってみんなさみしいの?

うっかり「よその子を預かる」とどエラい事になる。😱

 

 

中2男子、

成績表のコメント欄に

「新しいクラスで、友だちと楽しそうに過ごしています。」と書かれていた。

そうですか、

そうですか、

楽しそうですか。

 

先生のコメントが「楽しそう」だけって・・・

他に褒めるとこないんだろうな・・・😅

 

いや、うれしいですよ。💗

 

 

f:id:mikan-iro:20200729215153j:plain



 

今では、友だちもすぐできるようになった。

 

でも、幼稚園の頃は違っていて、

先生が

「ほっといたら勝手に1人で遊ぶ子たち」

集めてくれた。

 

いつも同じメンバーで遊んでいたが、

幼稚園が終わった後、みんな公園で遊ぶのだが、

そこには入れなかった。

 

その中に、

キラッキラのグループがあった。

活発で、運動神経が良くてかっこいい。

たくさんの母たち「羨望のチーム」。✨

 

あの子たちと遊んでくれないかなぁ・・・

 

そんなある日、

その中の1人の子と「遊ぶ約束をした」と言うではないか。☝️

 

こちらとしては

「遊んでいただく」との気持ちなので、

「私がみてるね」と相手のお母さんに伝えて

公園に行った。

その間に、キラッキラのグループの中の

別の子も「俺も行きたい❗️」となり

3人で遊ぶことに。😫

 

ええ・・・もう1人来るの・・・

絶対、仲間に入れないよ・・・

「我が子のため」にと

よその子を預かってまで

「キラッキラの子」と遊ばせようとしているのに、

もう1人「キラッキラ」が来たら

うちの子は入れないよ・・・😢

 

案の定、2人についていけない息子。

時々、放置状態になっている・・・

こんなの見たくなかった。

こんなのを見るために

よその子の面倒まで見てるわけじゃないのに・・・

悲しい。💦

 

しかも、運動神経抜群のその子が

勝手に木に登り出した⁉️

あっという間にてっぺんまで登り、

更に

自分が乗っている木の枝を揺らし始めた・・・😱

 

 

「やめてー‼️

降りてきてー‼️」😭

 

 

落ちたら「タダ事」では済まない高さだ。

ああ、私の人生はここで終わりかもしれない・・・

逮捕されるんだ・・・と思った。😢

 

急いでお母さんに電話して

「助けて〜‼️

木に登って降りてこないよ‼️」💦

 

しばらくしてお母さんがきた。

 

私は

「死ぬかと思った」←私が・・・

と伝えた。

 

彼も「母の言う事」は聞くようで、

あっさり木から降りてきて

「キラッキラチーム」

3人は帰って行った。

 

息子は

「危ないね〜」と言いながら、

木の低い、低いところにいた。🌲

 

(今ではスルスルっと簡単にてっぺんまで登ってしまう)

 

 

花まる学習会式1人でできる子の育て方

花まる学習会式1人でできる子の育て方

  • 作者:箕浦 健治
  • 発売日: 2016/05/28
  • メディア: 単行本
 

 

 

幼稚園の頃、

あんなに友だち作りが難しかった我が子。

 

今、思えば1人で楽しんでいた。

アリを眺めたり、

コンセントを探したり。

 

無理に「友だち」を作る必要はなかった。

 

 

通知表の

「新しいクラスで、友だちと楽しそうに過ごしています。」

なんて、

最高の褒め言葉なんじゃないのか❓

 

今、息子は友だちがたくさんいる。

「学校に行く」のは

友だちに会うためだ。

 

「休み時間」は鬼ごっこをしているらしい。

ああ、何て平和なんだろう。🕊

 

そして息子は「1人でも大丈夫」なところも強みだ。☝️

「友だちがいる、いない」で判断に迷う事はない。

全部、自分1人で「どうしたいか❓」が決められる。

 

年長から毎年参加した「サマースクール」

出発前の言葉はいつも

 

「今度はどんな子たちと会えるんだろう。

楽しみ〜。」

 

というものだった。💖

 

 

 

 

 

www.mikan-iroblog.com