中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

聞いてたのとは全然違うぞ。

「テスト問題は回収された」?

 

 

学校に呼び出されるのは

もう何度目だろう・・・😓

 

今回は、他の保護者がいないので

「お詫びの菓子折」がないだけまだマシなほうだ。

 

ふざけて服を引っ張り合いして

ちぎれる・・・

間違えて他人のものを持ち帰り、

後から出てくる・・・

みんなが「どんな子」か知っていてくれるので、

「盗んではいない」とわかってもらえるのは助かる。😩

 

 

何も見ないで突っ込むから

カバンを整理していたら

「知らない人のプリント」が出てくるのも

しょっちゅうだ。

申し訳ない・・・😓

 

中学生ともなると

他の保護者のことなんて全く知らない・・・

遠くの子に何かしでかしたら

「県をまたいでお詫びに伺う」羽目になる・・・

頼むからやめてくれ・・・と願うばかり。💦

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200729132958j:plain

 

 

学校に行き先生と面談したが、

あれ❓

子どもから聞いていた話とは違う。🤔

テストの「バツ解き」は

「問題が間違ってたらしくて先生が回収したからできない。」

と言っていた。

「提出物、今回は頑張って全部出したよ。」と言っていたが

同時に10個くらい出ておらず、

「そんな子は他にはいない。」そうだ。😩

 

学校の「オンラインサイトをのぞいてみると、

ノートなのか何なのかグチャグチャで

「いるもの」「いらないもの」の区別ができず、

どこに何があるかもさっぱり分からなくなっていた。😫

 

先生も

「オンライン授業は

自分で管理できる子とできない子で大きく差が開いた。」

とおっしゃっていた。

 

サイトをみると、確かにむずかしい。

わかりづらい。

ずっと順番に送られてきていたのだろうが

既にもう意味がわからない。😩

 

自分で「ノート」も作るそうだが

どこにもない。

 

普通の紙の「ノート」も書けない人間に

「これをやれ」ってのは酷な話だ。

「成績不振の原因の1つ」はこれだな・・・

よく見てみると、

締め切られて「未提出」のものがチラホラ。

他にも出していな子が数名いた。

わかりづらいよ。💦

すぐ見つけられなかったらできないよ・・・

 

「オンライン授業」に向く子と

向かない子にはっきりと分かれていた。

 

 

中学校3年分の数学が教えられるほどよくわかる

中学校3年分の数学が教えられるほどよくわかる

 

 

 

しかし、息子の成績不振は

「オンライン授業」のせいだけではない。☝️

 

先生の・・・

「まずノート取ろうよ。」

「よくボーッとしてるよね。」

「時々寝てるよね。」

 

未だにノートもとってなかったか。😓

 

さてこうなると「塾」にまで行って

「がんばる‼️」と言っていたが、

かなり怪しいぞ・・・😩

 

自分で「勉強しない選択」もありなので、

そこはもう「自己責任」で。☝️

 

ただ「塾にまで行って学校やめたら

コロナが落ち着いたころに

どこかの田舎か

海外に送るから」☝️

 

予算的に厳しいので

「飛び立て❗️留学ジャパン」に勝手に応募するよ。

どこかで鍛えてもらえ。💪

 

 

「トビタテ! 世界へ」

「トビタテ! 世界へ」

  • 作者:船橋 力
  • 発売日: 2019/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

www.mikan-iroblog.com