中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

「セミたち」のヒミツ。🤫

家の周辺のセミたち。

 

 

7月ごろから家の周りのセミたち」

一斉に泣き始める。

 

街の中だが、

辺りには木も多く

結構な数のセミたち」が生息してる。🌲

 

 

f:id:mikan-iro:20200811201507j:plain

 

 

幼稚園の頃、

まずセミの抜け殻」を集め始めた。

それまでは興味はあるけど

虫がちょっと怖かった。😱

でも「抜け殻」なら大丈夫。👍

 

小学校1年生になり、

中身が入っているセミに興味がわいた。💡

網を持っていざ公園へ出発。🚶🏻‍♂️

 

セミを見つけては

「あれ捕って〜」とせがまれるので、

そのうち私も

手づかみでセミを捕まえられるようになった。✌️

 

「持ってみな」

息子に手渡すと、恐る恐る触ってみせる。😱

その繰り返しで、

あっという間に「虫が平気」になった息子。

今では「ゴキブリ」だって手づかみする。🦗

 

炎天下、首にタオルを巻き、

「夏休みの間中」

毎日2人でセミ捕りをした。

それを3年間。☀️

蚊に刺されまくるし、暑いし、

本当にキツかった〜・・・😫

 

 

 

 

↓ 今年の夏、塾帰りの定番。

f:id:mikan-iro:20200811202439j:plain

 

 

毎日、毎日、セミを捕まえては

家の窓から逃すという作業をしていた。

 

「い〜ち、に〜い、さ〜ん、よ〜ん、ご〜」、

といった具合だ。

 

だいたい毎日、40匹くらい捕り、

多い時で70匹くらい捕れた。

 

 

 

セミ

セミ

 

 

 

 

さて、それを毎日、

家の窓から逃していたらどうなるでしょう❓

 

 

そう、繁殖します。☝️

 

 

毎日、毎日、

セミを捕り続けた日々」からはや7年余り。

 

セミは7年で「成虫」になります。

 

うちの近所は「セミだらけ」です。😅

 

息子が放したセミたちが

立派に子孫を残しました。

 

 

 

素数ゼミの謎

素数ゼミの謎

  • 作者:吉村 仁
  • 発売日: 2005/07/12
  • メディア: 単行本