中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

「中学生の子育て」。塾に行ってみて思うこと。

「習慣化」がうまくいけば勉強もできるかも。

 

 

「中学受験」の頃からずっと

「課題」をこなすのが難しかった。

 

 

 

  • 「できない」「やらない」
  • 「復習ノート」
  • 誰かの助けがいる
  • 「テスト結果」がひどすぎる
  • 塾に行きはじめて
  • 誰かに付き添ってもらわないとできない子
  • 母は一体何をしていた?

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200830225506j:plain

 

 

 

できないものはできない。

 

 

「できないものはできない。 」

 

「じゃあ、どうしよう❓」

 

を考える。🤔

 

 

小学生の頃から「課題」をこなすのが

難しかった。

 

「忘れる」というのもあるが、

そもそも「やろう」という気がない

 

「チェックされないからいいや・・・」

ということ。😩

 

 

 

 

 

「復習ノート」

 

 

「復習ノートを作るという勉強方法」がある。

この通りできれば

苦手なことろをつぶしていける。

 

この「やり方」を塾で

叩き込んで欲しかったが、

「課題すらこなせない子には無理」とのことで、

教えてもらえなかった。

 

じゃあ、課題できるようにしてよ・・・😢

 

 

この「やり方」を教わるためには

ある程度「自分でできる子」ではないと

無理だということ。

 

どうすればよかったんだろう❓🤔

 

うちは

「自分でできない子」なのに

「中学受験」は無理だったのか❓

 

 

世の中に「自分できない子」

たくさんいる。

その子たちも「中学受験」をしている。

「やらされる勉強」とはなるが、

「自分でできない子」には

それも必要なのでは❓と考える。🤔

 

 

 

 誰かの助けがいる

 

 

↓ こんな本を見つけた。

 

 この本は、「成績を上げたい中学生が読む本」ではありません。「中学生の成績を伸ばしたい指導者のための本」です。私がこのような本を書こうと思った理由が2つあります。1つ目は、「勉強の苦手な生徒」が、書店に並んでいる勉強法の本を読んで勉強しても、「自分だけの力」で成績を上げることは難しいこと、2つ目は、勉強方法を指導できる経験豊かな中学校の先生が少ないことです。

 

 

「どうやって勉強していいのかわからない子」は

「誰かの助けがいる」ということ。

 

 

↓ 確かに「授業がわからなくて困る」のは本人。 

www.asahi.com

 

 

「自分でできる子」

自分でやればいいけど、

「自分でできない子もいる」

それをそのまま

「中学生だから自分でやりなさい」というのは

違っていた・・・😓

 

 

「やり方」を習ってきていない。🤔

 

 

これは「中学受験生」にも言えるはず。

「どうしていいか❓」がわからない子がいる。

それにはその子にあった、「細かい指導がいる」と思う。

 

 

本人はどこでつまずき、

「何がわからないか❓もわからない」

 

 

「やり方」を知らないから

やりようがない。

いくら問題数をこなしたところで、

解決はしない。

 

とはいえ、

思春期で「親が口出し」すれば

ろくなことはない。😩

外で誰かを捜そう。

 

 

 

 ↓ 高濱先生が特別編集長

AERA with Kids 2020年 秋号

AERA with Kids 2020年 秋号

 

 

 

 

テスト結果がひどすぎる

 

 

中2男子、

「1学期の期末テスト」がひどすぎて

親呼び出しの三者面談」となった。

 

この「成績がひどすぎて親呼び出し」

1年生の時から「テストの度」

我が家の慣例となっている。

 

今まで、100%全く勉強してこなかった子が、

今回の「期末テストの前」は、

今までになくがんばった。💪

結果は、たいして変わらなかった。😅

 

学校のほとんどの生徒が

休校中、

「オンライン授業」を真剣に聞きながら

必死で勉強していたそうで、

そんな中では「テスト直前」

ちょっと勉強したくらいでは

とても追いつけない。💦

 

やっと本気で困ったようで

自分から

「塾に行きたい」と言い出した。

 

 

 

www.suika.tokyo

 

 

 

「塾」に行きはじめて1月半

 

 

 塾に行き始めて

1月半経った今、

相変わらず「電車撮影」には

出かけて行くが、

出かける前にはもう

「学校の宿題」

「塾の宿題」も終わらせている。😳

 

最初の頃は、

塾の先生が怖くて

ギリギリなって「やらなくちゃ」💦

と言いつつこなしていたが、

いつの間にか

「先に課題を終わらせる習慣」が付いていた。

 

今は先生が怖くてやるのではなく

「当たり前のこと」としてやっている。☝️

 

「課題」を確認してくれる人の存在は大きかった。

 

 

 

誰かに付き添ってもらわないとできない子

 

 

人によって「できるようになる時期」は違う。

一律で「6年生になったからここからは自分で」

と言われてもできないまま。😓

 

 

今は「中学生」になり

成長したところもあるが、

本質は変わっていない。😅

「自分でやらなきゃ」と思った部分も大きい。

息子には、

自分でできるようになるまで、

「確認」をしてくれる人が必要だった。

 

 

「 誰かに付き添ってもらえないとできない子。」☝️

 

 

今頃気づく

うちの子は「集団塾」では難しい子だったんだ。 😓

 

 

 

 

 ↓ 「不注意で困ってる人」には本気で役に立つ本。

 

 

 

中2になって「塾」に行き、

「勉強のやり方」から教わって

よかったと思う。✨

 

本人が

「塾行ってよかったよ〜

メッチャわかるよ〜」

と喜んでいる。💗

 

 

今まで何1つわからなかったんだ・・・

実は本人も困っていたんだ・・・

 

 

「小さなテスト」の多い学校だが、

これまで答えを全て「勘」で書いていたらしく、

「問題の意味」すらわからなかったが、

今は「全部問題が理解できる」ようになったそうだ。😅

 

 

 まだまだ小さな一歩。👣 

 

 

 

母は一体何をしていた?

 

 

私もどうしていいかわからず

「塾まかせ」にしていたのがよくなかった。😓

 

自分でできないなら、

子どもに何が足りないか❓

を見極めて、

子どもに合った「場所」を探さないと。😓

 

 

うちの子は、

「他塾に行けば厄介者扱いされる」

と言われていたので

「こんなにわかってそうもないのに

他じゃ無理なのか・・・」と

あきらめていた。😔

「ここしかないんだ❗️」と思っていた。

 

確かに

小さい頃からあちこちで

「厄介者扱い」されてきたので、

その通りなんだろう。

そのくらい「大変な子」だということか・・・😩

 

 

「大変な子」は行ける場所が限られる。

丁寧に見てもらうには「専門の塾」か、

「個別」が必要なのかもしれない。

 

 

 

 

 

恐らく

 それぞれの「子どもに合った塾」

一番わかっているのは

長年にわたり、

各塾を渡り歩く「ベテラン講師」。👓

 

 

「この子にはあそこが向いてるな」

思い浮かぶはず。 ☝️

「他塾に行け❗️」とは決して言わないので、

聞き出すことは不可能・・・😓

親が自分で見つけ出すしかない。

 

 

 

↓ これで「失くしもの」「捜しもの」問題は解決だ‼️

 

 

www.mikan-iroblog.com