中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「釣り好き」「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 ここまで酷くはないはず。😅 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

「子育てって難しい」🤔子どもの「感じ方」って人それぞれ・・・

世の中には繊細な子どもたちもいる。

 

 

塾でも学校でも

「授業中に当てられる」のって

どんな気持ちがするだろうか❓

 

 

 

  • 「当てられる」のが嫌
  • 「問題を解く系」の講演会
  • 再びの失敗
  • 思いもよらない理由
  • 特に理由もなく学校に行けなくなる
  • 居場所があれば大丈夫

 

 

 

f:id:mikan-iro:20200729132958j:plain

 

 

 

当てれれるのは嫌だ・・・

 

 

学校の授業で「当てられる」のが本当に嫌で嫌で仕方なかった人間の末路 | Books&Apps

 

 

みんなの前でできないと

恥ずかしい・・・

という気持ちはよくわかる。💦

 

 

 

「問題を解く」講演会

 

 

6年くらい前、

何でも参加したい私は

栄光学園の井本先生の講演会」に参加した。

行ってみると

「数学好きが集まって問題を解く会」

だった・・・😓

 

しまった・・・と思ったところで

あとの祭り。😣

みんなが楽しそうに

「あーだこーだ」言いながら

問題をスラスラ解く中、

1人だけ

さっぱりわからず、

「お腹痛いです・・・」と言って

帰ろうかと思った。😅

 

そういうわけにもいかず、

結局、人のを「丸写し」してごまかした。

やっちゃいけないやつだ。☝️

大人なのにカンニングしてる・・・😓

だって全然わからないんだから

しょうがないよね・・・💦

 

「自力」ではピクリとも

手が動かなかった。✏️

 

他のママにその話をしたら

「そうだと思った〜、

だから私は行かなかったの〜」と言われた。

何で私はそれを予見できない・・・😓

 

 

この失敗を踏まえ、

自分で「問題を解かされる系」の講演会には

参加しないように細心の注意をはらっていた。☝️

 

 

 

 ↓ これが当たり前の世の中になって欲しい。✨

教室はまちがうところだ

教室はまちがうところだ

  • 作者:蒔田 晋治
  • 発売日: 2004/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

再びの失敗

 

 

ところが去年、

鎌倉学園の飯塚先生の

「英語の講演会」に参加してしまった。😓

始まって5分で

「お腹痛いです・・・」と言って帰ろうかと思ったが、

たまたま隣の席の人が

「いい人」だったので、

最後まで耐え抜けた。💪

 

子どもたちに「英語でサッカー」

教えている方だったが、

今は「花まる」でも何か始められているはず。

こういう先生のもとで学べたらよかったのに・・・

 

という事で、私には

「できないのに当てられるツラさ」

が痛いほどよくわかる。😭

 

 

自分が「勉強嫌い」のくせに

子どもに「勉強しろ!」なんていうのは

おかしな話だとわかっている。😓

知らない事を

子どもに教わることも多く、

「えっ、そうなの⁉️」となる。😳

 

「中学受験」の勉強を終えたところで、

とっくに向こうの方が上だ。

 

 

 

「花まる学習会」の高濱先生の

6年生の「卒業講演会」では

「君たちはもうお母さんを追い越した。

これからはかわいそうに・・・と思っていたわりなさい。」と教わる。

 ↓ ハイ、おっしゃる通りでございます。😅

13歳のキミへ

13歳のキミへ

  • 作者:高濱正伸
  • 発売日: 2011/02/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

思いもよらない理由

 

 

世の中には「繊細な子どもたち」がいる。

 

ええっそんな事で⁉️😣

 

というような事で

深く傷ついているかもしれない。💦

 

大人はそれを知っておかなければいけない。

 

 

小4の頃、

同級生の男の子が

「歩道橋の上」から

「下の道路」に向かって飛び降りようとしていた。

 

それを見つけた「6年生の子どもたち」が

あわてて「止めて」事なきをえた。

 

「飛びおりようとした理由」

「明日算数のテストがあるから。」

というものだった。

 

親にしたって

「えっそんな事で・・・」という理由だ。

死ななくてよかった・・・と言っていた。

本当によかった・・・

 

 

誰が、何が、

この子を追い詰めたんだろう・・・

 

 

特に「理由」もなく学校に行けなくなる事もある

 

 

子どもって

ちょっとした事で

学校に行けなくなったりもする。

 

「これが嫌だから!」という

ハッキリとした原因もなく、

何となく行けなくなるそうだ。

 

そんな時にどうすればいいのか❓

 

どこかに安心できる「居場所」があれば

大丈夫。💗

 

「家」だったり、

「習い事」だったり、

「たくさん大人のいる場所」だったり、

それを与えるのが「親の役目」なんだろう。🍀

 

 

 

 

 

うちの子はどうだったか。🤔

参観日の日に

「先生、今日はお母さんがきているので

僕を当ててください‼️」と言っていた。😅

 

たくさんの親の前で

間違えても全然平気だった。

手を上げて堂々と

「わかりません‼️」と答えて

クスクス笑われていた。😄

 

多分、大丈夫。

自分で「居場所」も見つけられる。✨

 

 

 

↓ 軸がブレなければ大丈夫。別冊付録にも「花まる」の名物先生たちが登場していたので思わず購入。💮

AERA with Kids 2020年 秋号

AERA with Kids 2020年 秋号

 

「子育て」で何が大事か❓をもう1度考えるきっかけに。 

 

 

www.mikan-iroblog.com