中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 こんなんでも毎日元気に生きてます❗️👍 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

「中学生の子育て」。ケンカになるかどうかは?

子どもの側に立つと。

 

 

子どもにこうなって欲しい‼️

親なら誰でも願う我が子の姿がある。✨

 

 

 

  • 苦労しないで欲しい・・・
  • 共通の敵あらわる!
  • 18才まで手伝ってもいいんだ
  • あの人の言う事だから間違いない!
  • 普通じゃない道を選ぶ

 

 

 

f:id:mikan-iro:20210302112439j:plain

 

 

 

苦労しないで欲しい・・・

 

 

苦労しないで欲しい。

失敗しないで欲しい。

 

心配は尽きないけれど、

子どもの人生は子どものもの。

 

苦労も失敗も経験として必要

親は

どこまで我慢しながら見られるかが勝負。

 

 

 

共通の敵あらわる!

 

 

学校から怒られることも多いけれど、

「子どもの味方でいる」

と決めたら

「どうしたらなるべく怒られずに済むか❓」

の対策を一緒に考える事ができる。🤔

 

今までは一緒になって怒っていたので、

「うちの子ダメなんじゃないのか・・・」

と思っていたが、

見方を変えてみると、

「共通の敵」が出現した⁉️

まあ敵ではないけれど。😅

 

 

 

18才まで手伝ってもいいんだ

 

 

佐藤ママのお話を伺っていると

「18までは私が見る」とおっしゃっていた。

世間一般で言われる

「中学生になったら手を離しなさい」

という言葉に縛られてきたけれど、

18才まで手伝ってもいいんだ・・・

思えると気が楽になった。💦

 

 

「一般的な子」は中学生になれば

手を離した方がいいかもしれないが、

うちは手を離したら生活が成り立たない。

助けながら一緒にやっていく必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

あの人の言う事だから間違いない!

 

 

「子育ては1000人いれば1000通り」

正しいのだと思う。

「あの人がこう言うから間違いない❗️」

なんてものはなくて、

自分で考えて、自分で選んでいかないと。☝️

 

これから先は、

なるべく手出しせず見守りながら、

自分でできる仕組みを作りつつ、

少しずつできる事を増やしていく。

 

できない事は、

誰かに助けてもらったり、

アプリでも何でも利用して

できる事を増やしていけばいい。

 

ああなって欲しい、

こうなって欲しいと

親は望むけれど、

大事なのは子どもがどうしたいか❓

であって、

親が「どうして欲しいか」ではなかった。😔

 

ほとんどの子どもが

「親の望むようにはならない」と考えると

「まあ、こんなもんだよね」と思える。😅

 

 

 

悩む力ー天才にすら勝てる考え方「クリティカル・シンキング」

悩む力ー天才にすら勝てる考え方「クリティカル・シンキング」

 

 

 

普通じゃない道を選ぶ

 

 

「普通の事ができないなら

普通じゃない道を選べばいい」

 

ありがたい言葉だ。

 

そう考えると

子どもが次何をするか❓

が楽しみになってくる。✨

 

それでもやっぱり心配なので、

失敗した時の選択肢はたくさん見つけておきたい・・・

 

ああ・・・失敗しちゃったね・・・

 

という経験の後、

「こんなのもあるよ」✨と提案できる

準備だけはしておこう。

 

こうして

「子どもの側に立つ」だけで

親子ゲンカも少なくなった。

 

今までよりほんの少しがんばっているだけで、

「おお、がんばってる」と思えるようにもなった。

 

見方を変えて、

自分の心の持ちようで

状況は変わる。

 

自分は自分を大切に、

いつも幸せでいられるようにしたい。

心が安定すると見えてくるものが増え、

子どものいい所もたくさん発見できる。💡

いいことだらけだ。🌸

 

 

お母さんの自己肯定感を高める本

お母さんの自己肯定感を高める本

 

 

www.mikan-iroblog.com