中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 こんなんでも毎日元気に生きてます❗️👍 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

「中学生の子育て」。小さい頃の話。

あんなに頑張ったのに反抗期かよ・・・

 

 

息子が生まれてから

2年以上に渡り

「1時間」と続けて眠れる日はなかった。

 

 

  • とにかくいつも泣いている
  • ほとんど全ての原因が「感覚過敏」だった
  • 1年の半分は「発熱」していた
  • ベビーカーには乗らないぞ!
  • 「早生まれ」だと何かと不利
  • いつかは湯船につかりたい・・・
  • こんなもん食べないぞ!

  • もっと困っているお母さんがいた

  • これっていつかは終わりが来るんだよね?

  • 今は別の意味で大変・・・

 

 

 

f:id:mikan-iro:20210603231623j:plain

 

 

とにかくいつも泣いている

 

 

いつも泣いている息子。

どこかに置くと泣くので、

常に抱っこかおんぶ。

 

 

 

 

夜も寝かせるのが大変・・・

やっと寝た❗️と思ったら、

数分後にはまた泣き出す。💦

おっぱいをあげると泣き止むので、

泣いたらおっぱいの繰り返し。

 

毎日、毎日、

続けて1時間も眠れない。

何でこんなに泣くんだろう❓

何で寝ないんだろう❓

 

 

ほとんど全ての原因が「感覚過敏」だった

 

 

今、考えると夜寝ないのも

いつも泣いているのも

「感覚過敏」のせいだった。

少しの物音で目が覚めて泣き出す。

本人も眠くて泣いていたんだろう。💦

 

3才半くらいまで泣き続け、

少しは伸びたけれど、

その頃も2時間続けて眠れる事はなかった。

 

 

1年の半分は「発熱」していた

 

 

置くと泣くので、

何をするにも数キロの「おもり」を

いつも背負ったような状態。

泣き出すと、とりあえずおっぱいの日々。

 

夜中に突然暴れて泣き叫ぶ

「夜驚」もあった。

「夜驚」が始まると

こちらが発する

どんな言葉も子どもの耳に入らない。

しばらくの間、

ギュッと抱っこしたまま

「大丈夫、大丈夫」と唱えながら

背中をトントン叩く。

 

まともにご飯も食べられず、

眠る事もできず、

自分は死ぬんじゃないかと思っていた。😓

睡眠不足と栄養不足で、

月の半分は発熱状態だったが、

母乳なので薬も飲めない。

自然に治るのを待つしかない。

結果、1年のうち、半分くらいは発熱していた。

 

そして子どもも発熱する。

そうなると一睡もできない。

氷枕を替え、

一晩中熱を計りながら様子を見る。

熱が40度を超えた時

ビビって子どもを抱き、

夜中に救急病院に走った。🏃🏽‍♀️

怖い、怖い・・・💦

後で知ったのは

子どもが40度くらいの熱を出すのは

しょっちゅうだという事。😓

 

 

ベビーカーには乗らないぞ!

 

 

ベビーカーで出かけても

なぜか泣き出す。💦

これもきっと「感覚過敏」のせいだったんだろう。🤔

 

外に行く時も常に抱っこで、

子どもの体重が両肩にかかる。

両肩はいつもガチガチ、

両手首は慢性の腱鞘炎。

ベビーカーを諦め三輪車に乗せた。

後ろから押せるようになっているやつ。 

 

 

 

それにしても

子育てって、みんなこんなに大変なのかな❓

といつも思っていた。🤔

 

 

 

「早生まれ」だと何かと不利

 

 

ベビー雑誌で

公園デビュー」や「ママ友」

なんて言葉を見たので、

公園やら児童館に行ってみた。

行ったはいいが、「早生まれ」だったので、

既に「ママ友グループ」は完成していて

入る余地はない。😓

 

そういう場合は、

無理にグループに入らなくても何とかなる。☝️

幼稚園に入れば誰かしらと話す事になるし、

誰もいなければ、家庭支援センターなんかの

「公共施設」に行けば、先生が話を聞いてくれるし、

少しの間、子どもを預かってもらえる。

1時間だけれど、

両肩にかかる重さから解放される。✨

困ったら保健所に電話してみるのもいい。

(今は厳しいかな・・・😓)

 

 

 

いつかは湯船につかりたい・・・

 

 

お風呂に入るのだって大変。💦

子どもは

「お風呂用椅子」に座らせて洗えるが、

どこかに置くと泣くので、

転がらないようカゴに入れ

浴室の外に置き、

泣かせっぱなしのまま、

ドアを開け放ち3分で全身を洗う。💦

毎日、寒い、寒い・・・と震えていた。🥶

そりゃ熱も出るわ。🥵

 

 

 

 

子どもをかわいいと思う暇もなく

ただただ必死だった。

自分が子どもの命を預かっている。

何かミスすれば大変な事になる。😱

ずっと緊張していた。

 

 

 

 

 

こんなもん食べないぞ!

 

 

離乳食を作れば投げられ、

全く食べない。🥲

仕方がないので

バナナを砕いて食べさせた。

おかゆは何とか行けそう。👍

物を食べないのも「感覚過敏」からだった。

 

幼稚園に入ると、

明らかによその子の子育てより大変だった事がわかった。☝️

やっぱりか・・・😓

恐るべし「感覚過敏」。

 

毎日、毎日、フラフラで

自分に言い聞かせるかのように

子どもに向かって

「かわいいね、かわいいね」と唱えていた。

 

 

もっと困っているお母さんがいた

 

 

「年中」の頃1年間、

週1回の療育に通った事があるが、

そこにはもっと「寝ない子」がいた。😱

何をやっても寝ない子だった。

お母さん体きついだろうな・・・と思っていた。

 

よく寝る子と、全く寝ない子では

育児の大変さが全然違う・・・💦

 

「療育施設」は1年で出された。

発達障害は早期発見で、

「療育により後が楽になる」と言われるが

療育を希望したって施設が足りず、

全員が入れる訳ではない。

定員が決まっているので、

障害の重さによって優先順位が違う。

知的な遅れがある子が優先だった。

 

うちは「療育施設」に通って効果あったのかな❓

先生の下、みんなで一緒に遊ぶ作業は、

正直、通っている幼稚園の方が「療育」になるな・・・

と感じていた。

週1回だけじゃ難しいのかも。🤔

それよりもあちこちぶつけたり、

転んだりするので「運動療法」に期待していた。✨

 

 

 

これっていつかは終わりが来るんだよね?

 

 

「赤ちゃん時代」には終わりがある。✨

だが、その後も大変な事は続く。😓

すぐ行方不明になったり、

同級生へのお詫びだったり。

 

幼児期、子どもにムカついた時に取った手法が、

「こちょこちょ地獄」

腹が立つと思いっきりこちょこちょをしてやった⁉️

 

 

 

今は別の意味で大変・・・

 

 

あれから数年が経ち、

中学生になっても別の意味で大変。💦

 

 

毎日、学校から帰宅後の第一声

 

「学校から電話かかってきてない❓」だ。😩

 

「えっ、また何かやったの⁉️」

 

「いや、何もないけど、一応確認。」☝️

 

このやり取りが日課となっている。😓

 

それでも赤ちゃんの頃を思えば

楽になった。✨

夜も眠れるようになったし。👍

 

それにしても

あんなに苦労して育てたのに反抗期かよ❗️💢

 

 

さて、

今大変なお母さんも、

いつかはゆっくり眠れる日が来るから大丈夫。💗

 

 

 

 ↓ もっと早くこの本があれば・・・🥲

www.mikan-iroblog.com