中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 こんなんでも毎日元気に生きてます❗️👍 「生きてるだけでOK」💮 子育て下手の母の試行錯誤の日々・・・😆

「中学生の子育て」。オレの成績が悪いのはお母さんのせいだからね。

納得いかないもの。

 

中学3年生になり、

本人的には勉強しているつもり。

だが特に成績が上がった気配はない。

 

 

  • お互いに「やってやってる感」
  • 習慣化なんて無理・・・
  • 「後で・・・」で何か達成される事はない
  • 「見せてやってる」
  • 「生活習慣」を身に付けさせるのは親の役目
  • ガク然とした「言葉」
  • 実はどちらにとっても「嫌な事」だった
  • 「カバンチェック」廃止後

 

 

f:id:mikan-iro:20210715072622j:plain

 

お互いに「やってやってる感」

 

子どもが中学生になってからも

あちこちに相談に行き、

学校の先生にも言われたので、

学校からの帰宅後、

毎日「カバンの中身をチェックする」☝️

という作業をしていた。

 

「毎日カバンの中を整理するというのを

習慣化させなければ‼️」

 

いつか自分でできるようになると信じて。✨

 

 

 

習慣化なんて無理・・・

 

結果、うちの中3男子に

興味のない事を「習慣化」するなんて無理だった。💦

 

 

子どもの帰宅後

 

「はい、カバンの中見せて。」

 

「嫌だよ、先にちょっと休ませてよ。」

 

「いや、帰ったらまずカバンの中を見せるって

約束したよね❓」

 

「後でね」

 

 

「後で・・・」で何かが達成される事はない

 

この「後でね」という言葉が度々

中3男子の口から登場するが、

「後で」なんてやった事はない

 

「後でなんかやった事ないでしょ‼️

いっつも後でって言ってそのまま忘れて困ることになるんでしょ。

すぐ動く‼️

今すぐ見せろ‼️」

 

「嫌だよ、

せっかく今から勉強しようと帰ってきたのに、

もうやる気なくなったよ。

オレの成績が悪いのはお母さんのせいだからね。

 

オレがせっかく勉強やる気満々で帰ってきてんのに、

カバンの中とか見せてる場合じゃないんだよね。

あーあー、もう勉強する気なくなった。」😩

 

 

 

「見せてやってる」

 

そもそも何で「中学3年生」にもなる子の

カバンの中身をチェックしなくてはいけないのか❓🤔

こっちだってやりたくないわ‼️💢

専門家の先生に

うちの子には「手助けが必要」だと言われたし、

学校の先生にも

大事な手紙があるので「チェックしてください」と言われている。

私は言われた事を守ろうとしていた。

マジメか。😓

 

「帰ってきたらまずカバンの整理をする」

という約束をし、

それを習慣化すればいつか自分でするようになるはず。☝️

なんていうのは夢のまた夢だった。

 

 

「生活習慣」を身に付けさせるのは親の役目

 

よく「習慣化」で例にあげられる

「ハミガキ」だが、

そのハミガキですら言わなきゃ怪しい・・・🤔

決して私がサボっていた訳ではない。

自分には興味がなく「めんどくさい事」は全て排除したいらしい。

普通の人が3ヶ月で「習慣化」できたとしても

一般的な「やり方」はうちの子には通用しない。

 

「困りモノ」の子どもをもつ親たちは

あらゆる方法を試してみて

それでもできなくて途方に暮れる。

「子育てに正解はない」と言われるが、

それは事実で一般的な「子育て論」なんて

全く通用しない。

言われた事ができないと

「自分のせいだ・・・」とどんどん追い詰められていく。

 

 

ガク然とした「言葉」

 

「学校から帰ったらカバンの中見せるって

約束してたじゃないよ。

何で見せないんだよ。

こっちだってこんな事したくないわ。

めんどくさい。

先生に言われてるからやってんでしょうが‼️」

 

「いや、オレだって見せたくないわ。

言っとくけど見せてやってるんだからね‼️」

 

 

「見せてやっている」❓🤔

「見てもらってる」の間違いじゃないのか❓

 

自分じゃカバンの整理ができなくて、

大事な手紙も失くすし、

カバンの中からゴミも何も出さない、

教科書、ノートも入れて足していく一方、

どんどんカバンがパンパンにふくらんで重くなり、

自分が困るんじゃないのか❓

その「手助け」をしてもらってるのに

「見せてやってる」と言うのか❓

納得行かない⁉️😡

 

普通の子なら中3にもなれば

放っておくのは当たり前なんだが、

「手助けがいる子」というのは

どうすればいいんだろう❓🤔

 

こちらの気持ちとしては、

あんたが困るから見てやってたんでしょうが‼️

カバンチェックなんかやりたい訳ないだろ‼️

 

 

実はどちらにとっても「嫌な事」だった

 

「帰宅後のカバンチェック」が、

実は親子とも「嫌な作業」だということがわかった。💡

お互いに「やってやってる」と思っていたのだ。

 

「それだったもうやめよう」☝️

 

という事で意見が一致。

「帰宅後のカバン整理チェック制度」は

廃止された。

 

思い起こせばこのタイプの子どもには

「ごほうび」をセットにしろと言われていた。

「カバンチェック」の際、

最初の頃は

「1回につき100円」という報酬が与えられていたが、

私の中に

「こんな当たり前のことをして100円あげるなんてもったいない❗️」

という考えが湧き出し、

いつの間にが「100円報酬」を撤廃していた。😓

ここが失敗。☝️

「カバンチェック程度」で100円もらえるなら

中3男子は今でも喜んで「カバンチェック」に応じていただろう。

報酬がなくなったせいで

「見せてやってる」という気持ちに変化したのも当然かも❓

 

何でも「子どものせい」にしているが、

自分の方が未熟なのでは❓😅

 

最近見かけたツイートで

「中学受験は親が9割というのは

失敗の原因が9割親にある」というもの。☝️

思い当たる節だらけ・・・💦

今も親として全然成長できていない。

どうやら私は子育て無理ですわ。

そんな立派な人間じゃない。☝️

 そろそろ諦めるか。😅

本人も「手助け」がいらないようなので

あとは自分でがんばれ。💪

 

 

「カバンチェック」廃止後

 

親子ともお互いに「嫌な事」だった

「カバンチェック」。👜

廃止した数日後、

学校からの電話。

 

「夏期講習の申し込みが

昨日までなんですが。」

とのこと。

 

中学1年生の時も、

申し込まずに「夏期講習」が受けられなかった

先生にどんなに頼んでも、

「もうクラス割も時間割も決定したので

今からじゃ無理です。」と言われたのを覚えている。

成績は底辺なのに・・・💦

こうして、

後からじゃ取り返しの付かなくなることもある。☝️

こういうのを避けるための

「カバンチェック」だったのだが。😓

 

しかし、

中学3年生ともなると、先生も慣れてくる。😅

「あいつの事だからきっと出し忘れている。」

判断してくださり、お知らせが来る。

本当にありがたい。💗

 

もしかしたら「親の手助けなし」でも

何とかなるのかもしれない。🍀

 

どんな子でも

さすがに中学3年生ともなれば

自分で困って、自分で解決するしかない。

「助けてくれる人」を探すのも本人の役目。

もう親の出番はないという事だな。😅

 

 

www.mikan-iroblog.com