高校生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~

「電車好き」の個性的な息子の日常。🍀 日々トラブル勃発。😩 あなたの子どもはきっと大丈夫。💗 こんなんでも毎日元気に生きてます❗️👍 「生きてるだけでOK」💮

「高校生の子育て」。高1男子「敬語」を褒められる。

敬語が使える意外な理由。

 

学校で珍しく褒められた高1男子。

「君はどう見ても敬語が使えそうもないのに、

意外と敬語が上手なんだよなぁ」。

う〜ん微妙。

これって本当に褒められているのか❓😅

 

 

  • 怒られ続けて早16年
  • 「忘れ物」をし続けて早16年
  • 高1男子本人の考察

 

 

 

 

 

怒られ続けて早16年

 

 

物心ついた頃から先生に怒られ続けている。

とにかく怒られるのを早く終わらせたい彼は

常に反省したフリ

「丁寧な言葉遣い」を心掛けていた。😅

 

他人よりも

小さい頃から「大人」相手に

丁寧に話さなければならない機会が多かった。💦

 

 

 

「忘れ物」をし続けて早16年

 

 

一方、「忘れ物」の数も

他人と比べると数十倍に上るだろう。🤔

小学校高学年になった頃には、

「母にバレるまい❗️」と、

必死で「自分で何とか解決しよう⁉️」

という考えがあった。

 

学校や、乗り物、駅への問い合わせは

母にバレないよう

なるべく自分で電話を掛けるようになった。📱

 

ここでも「大人相手」に

丁寧な対応が要求される場面だ。

 

 

高1男子本人の考察

 

本人の考察によると、

この「怒られ続ける」と「忘れ物の多さ」から

自然と敬語が身についたとの事。☝️

 

なるほど、

納得せざるを得ない理由だった。😅

 

「マイナス」だと思っている事でも

意外とプラスの面もあったという事か。✨